プロトソリューション エンジニアブログ

プロトソリューションで開発しているWebサイト、iPhone、Androidアプリの開発情報などを発信していきます

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト合格記

こんにちは。初めまして。
仙台本社勤務
IT基盤ソリューション部の蓑島です。

16年新卒入社で今年2年目です。
よろしくお願いします。

AWS Summit 2017 TokyoにてAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験を受験して合格しました。

勉強開始から合格までの期間はだいたい8か月(2016/10/1~2017/6/1)くらいです。

どんな勉強したかっていうと基本、合格記を書いてる先人たちとだいたい同じですが書いていきます。


(1)書籍

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト

この本はAWSのコアサービスの基本がシンプルに書かれていて分かりやすいです。
「AWSサービス多すぎ・・・何から調べればいいの??」っていう方におすすめです。
また、本の内容がコアサービスの概要なのでアップデートで大幅に内容変更ってことは基本的にない(と思う)ので安心して読める一冊かなぁと思います。


(2)Black Belt
https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

コアサービスの概要を理解し、さらに細かい仕様について知ろうとしたらやっぱり「Black Belt」だと思います。
ただ、ボリュームが結構あるのでコアサービスのみ読んでおけばいいかなぁと思います。


(3)AWS WEB問題集で学習しよう(WEBサイト)
https://aws.koiwaclub.com/

このサイトの管理人さんがホワイトペーパーなど参考に作った問題集が公開されています。
無料だと30問くらいしか解けないですが、お金はらうと大量の問題解けます。
このサイトが一番参考になりました。回答とその回答に記載されているリンク先がためになります。


(4)模擬試験
絶対に受けるべきです。

どんな感じの問題が出るかを体感し、分からなかった部分を調べましょう。
これで本番の正答率も上がると思います。

ただし、模擬試験の時間と結果をあまり鵜呑みにするのはよくないです。
「時間5分あまったわw余裕ww」←本番時間足りなくなります。最低でも10分は余らないと本番厳しいです。
「67%やったわw合格やわww」←たぶん落ちます。模擬試験より正答率は基本下がります。
私の場合、
3月
模擬:65% 死亡
本番:61% 死亡

6月
模擬:80% 合格
本番:70% 合格(ギリギリ)

という感じでした。
模擬で合格判定出てもあんま喜ばない方がいいです。。
たぶん模擬で8割とれてないと合格厳しいと思います。。

あと模擬試験はどの問題が間違えてるか分かりません。もちろん解説ありません。
なので、どんなに調べても分からない問題がありました。。。
あと、模擬試験同じ問題しか出ません。(たぶん)
私みたいに3回も受ける必要ないです。←馬鹿


(5)ホワイトペーパー
https://aws.amazon.com/jp/whitepapers/

一応書きましたが私は読んでませんでした。
きっとためになることが書いてあるやつ(だと思う)。
(だってほとんど英語なんだもん・・・)
ぶっちゃけ、「とりあえず認定をとるんじゃ!」っていうスタンスの人(自分)にはおすすめしないです。
文量多いし、英語だし、時間がかかります。英語ペラペラの人ならいいけど。。。


あと試験で聞かれるサービスを下記に書いときます。
・結構詳しいことまで聞かれるやつ
EC2、VPC、EBS、S3、Glacier、RDS、DynamoDB、ELB、AutoScaling、CloudWatch、IAM(STS)、CloudFront、Route53、Direct Connect

・基本的なことだけ聞かれるやつ(何をするサービスか分かっていれば大丈夫)
Trusted Advisor、OpsWorks、CloudFormation、Elastic Beanstalk、Storage Gateway、Redshift、ElastiCache、Lambda、EMR、SES、SQS、SNS、SWF、CloudTrail

料金に関しては深く勉強しなくていいです。
(業務としては大事なところですが。。。)
AWSの人も言ってますが頻繁に値下げがあったりするので。
ただ何に対して課金されるかは知ってた方がいいです。
例えば、EBSは作成したストレージ容量に対して課金が発生する、みたいな。
(500GBで作成して100GBしか使ってなくても500GB分の課金)

あと一回本番受けて死亡するのもありだと思います。(お金に余裕があれば・・・)
ただ年3回しか受けれないので死にすぎにはご注意ください。



「とりあえず認定とるんじゃ!」っていうスタンスだったので上記勉強法で進めましたが、やっぱり実務的内容はよく分からない部分が多いです。AWSといっても基本IT知識(ネットワーク、Linux、ストレージなど)があってこそですし、試験で問われないけど汎用的に使われるサービスやその組み合わせもたくさんあります。。。
あと、やっぱり実際に触って動かして試行錯誤するのが一番自分の力になるなぁと痛感しました。。。
(ドキュメントばっか読んでもなかなか頭に入らんよ。。。)

次はシステムオペレーション (SysOps) アドミニストレーター – アソシエイトを取ろうかなぁと思ってます。

長くなりましたが以上です。
ありがとうございました。

広告を非表示にする